36way.netPage1:Index011:公園のベンチ-016-白髭2

update:20221225

-- --

公園のベンチ

<-015 つづく...->

白髭2

「よろしいかな?」

「え?いつから其処に?」

「私はずっと此処に居ました。あなたにとっては、“今から”になるでしょう。」

「は?からかっているのですか?」

「いえいえ、ご気分を害されたらごめんなさい。」

白髭はつづけた。

五感で感知できる範囲はたかが知れています。
狭い世界を生きているもんです。
五感では感知できない世界が存在します。
それは存在しないに等しい、かもしれません。
それでも、
感知できない世界の存在からなんらかの影響を受けています。
あるいは、
感知できない世界へなんらかの影響を及ぼしています。
それは計算できないし予測もできません。
確かめるすべもありません。
感知できないのですから。

ただ、脳には感覚的にそれを想像すること、
あるいは察知する能力が備わっています。
それは感知できる範囲で表わすことができるものではありません。

言葉でもないし、絵でもないし、造形物でもない。
そのいずれでもない感覚は単なる波のようなものでしょう。

常に振動していて留まることはありません。
カタチとして捕まえることはできないモノです。
そんな存在が在るということ、
そんな世界の中に我々が居るということ、
それを知ることが、
今在る自身を受け留めることにつながっていくのです。

真夜中の公園は相変わらずベンチが点滅している。いくつかの灯りが消え、いくつかの灯りが点く。ベンチに座る人、ベンチを立ち去る人。そんな光景が遠く彼方にまで繰り広げられています。わたしのベンチもまた、彼方からは点滅するベンチのひとつとして映るのでしょう。

そして、白髭は消えた。

2022/12/25