掲示板:【クニ塾】一無心豊

この掲示板は【凍結】いたしました。今後は、新掲示板をご利用ください。2010/05/03
★新掲示板→ r5:【9219】クニ塾「一無心豊」に学ぶコミュニティ

一無心豊
▼カテゴリ別記事一覧▼

自己紹介  感想

宿題1  宿題2

宿題3  宿題4

質問  回答

お礼  提案

雑談  その他

重要  一豊情報

注意

管理人が不適切と判断した投稿記事は、投稿者に連絡無く削除させていただく場合があります。あらかじめご了承ください。

since:20071122

掲示板ガイド
リンク集
フィードメーター - 【クニ塾】一無心豊
ページ:  ┃  記事番号: ( 4 / 9 ) ←次へ | 前へ→

[6] “クニさん”との御縁
自己紹介  aoki@【クニ塾】管理人  - 2007/12/17(月) 13:04:23 -
引用なし
パスワード
aoki@【クニ塾】管理人です。

その昔、“国枝法音先生”は、小生も通った木曽川中学校で教鞭を執られておりました。小生の場合、中学の3年間に“国枝先生”の国語の授業を受けたことはありませんでした。ただ、時折の全校集会で朝礼台に立つ“国枝先生”のお姿だけは、記憶に留めていました。

それから30年ほど経過したある日(2004年夏ごろ)、たまたま、木曽川町の商工会館の前で“国枝先生”のお姿をお見受けし、お声を掛けさせて頂いたところ、パソコンの話題に花が咲きました。以来、2006年秋に“国枝先生”が他界されるまでの約2年間、“国枝先生”のパソコン相談役を務めさせていただきました。

“国枝先生”にとって、小生は多くの教え子の一人に過ぎないのでしょうが、ましてや、クラス担任も教科担任も受け持ったことのない昔の一生徒に対しても、30年前の記憶を辿りながら、当時の教師陣を思い起こし、古い卒業生名簿を紐解いては『あった!あった!これがあなたですね。』と小生を受け止めてくださった姿勢が強く印象に残っています。

そして、“国枝先生”とのメール交換がはじまり、そのやりとりの中で、小生は以下のような文面を送信しました。
『インターネット上でのコミュニケーションでは、多くの場合、ハンドルネームを使い、老若男女を問わず、皆対等の立場で、同じ土俵の上で言葉を交わすのが慣わしです。』

すると、“国枝先生”から以下のような文面が返ってきました。
『私はあなたにとって先生でしたが、今の私にはあなたがパソコンの先生です。対等の立場でのコミュニケーションということは理解できました。あなたが“samuさん”なら、これからは、私のことを“クニさん”と呼んでください。』

こうして“クニさん”とのご縁が生まれました。2004年の暮れごろだったと思います。

(つづく)

181 hits

[6] “クニさん”との御縁 aoki@【クニ塾】管理人 2007/12/17(月) 13:04:23 自己紹介

ページ:  ┃  記事番号: ( 4 / 9 ) ←次へ | 前へ→
Total  2,360
(SS)C-BOARD v3.8 is Free

Copyright © 【クニ塾】 20071122-2010. All Rights Reserved.
※無断転載禁止